2011年05月31日

ごめんなさい

実は〜  5月の中ごろの話なんですが

ランが 子宮蓄膿症になり3日間入院していました



膿も出ないし 水もそんなに飲まないし お腹も膨れてないし

ごはんも残さず食べるし 

でも ちょっといつもの元気が無かったので 

もしかしてと思って 動物病院に連れて行ったら 

子宮蓄膿症と診断され 即入院 当日手術



たった3日間の入院だったのですが

生まれて初めて ひとりでのお泊り! 

ランのいない生活 こちらはとっても淋しくって。。。

でも ランのほうは術後3時間後に会いに行くと

喜んで ピョンピョン 元気 元気 


入院中も淋しくしてるのかなっと 心配していたけど

最初は ビービー泣いてたみたいですけど 

そのうち諦めて スタッフの方々に愛想を振りまり 

アイドル犬になっていました  ヽ(`д´)ノナンデヤネン


取り越し苦労だった見たいです 



以前飼ってたわんこも子宮蓄膿症にはならなかったし・・・

健康なのに可哀想かなと思って 避妊手術しなかったこと ごめんなさい!

お友達が麻酔で失敗されたのも聞いていたので

無理して避妊手術すること無いと思って。。。



でも 今は犬もガス麻酔みたいで 麻酔監視モニターを見ながらの手術だったので

心配することありませんでした



手術の傷口がムカデの足みたいにギザギザになってるのかと思ったら

退院してから見たら 3〜4cmぐらいの直線の傷跡だけで

抜糸も必要なしでした

又 退院の時 エリザベスカラーも無し 普通の状態と同じでした

P1000275.JPG

                    手術後10日







今朝 ご飯を食べる前の様子です






お金いっぱい使ったんだから  長生きするんだよ〜〜〜








ニックネーム oransan at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする